あなたのブログ記事が読まれない3つの原因【文章力関係なし】

あなたのブログが読まれない原因は何だと思いますか?

実は、ブログ記事が読まれない原因の大部分は、文章力と関係ありません。
多くの人が「ブログが読まれないのは、自分は文章力が足りないからだ」と思うかもしれませんが、それは間違いです。

もちろん、文章力も大事なのですが、それ以前の問題で読まれないブログがとても多いのです。

いわば「コンテストに出れば優勝間違いなしのお笑い芸人」が、そもそもコンテストへのエントリーに失敗しているようなイメージです。
裏を返せば、それらの問題をクリアすれば、文章力に自信がない人でも「読まれるブログ」へと変身させることができます。

あなたのブログ記事が読まれない理由は、次の3つです。

  1. 文章を読む以前に原因がある
  2. ブログ設計に原因がある
  3. 文章の内容に原因がある

文章力が必要になってくるのは、3つ目の最後の部分だけです。

ブログが読まれない場合、「このブログ、文章ヘタだな」と思われる以前に、そこに至るまでの工程のどこかでつまずいているパターンが多いです。

ほとんどの原因は、パターンを知れば克服できます。

この記事では1つ1つのつまずきポイントを解説するので、「自分のブログのつまずきポイントはどこか?」を考えながら読んでみてください。

ただし、中には「パターンを理解できても、実行が難しい」という部分もあります。そこは地道な継続で克服していくしかないので、ご了承ください。

それではいきましょう。

目次

読まれない理由1:文章を読む以前に原因がある

「文章を読む以前に存在している原因」をつぶせば、それだけであなたのブログは劇的に読まれるようになります。

ここでつまずいているブログは、「お笑いコンテストに出場すればいいところまでいけるはずのに、そもそもエントリーに失敗している」というような状態です。

まずはしっかりとエントリーしましょう。

原因は次の2つに分解することができます。

  • そもそも検索されない
  • タイトルがクリックされない

1-1.そもそも検索されない

「そもそも検索されない=あなたの文章が面白くない」という意味ではありません。
記事で扱っているテーマ自体が、そもそもみんなから検索されないニッチすぎるテーマだということです。

これの対策としては、次のような方法があります。

  • 検索需要のあるキーワードを設定する
  • ツールで需要のあるキーワードを調べる
  • 経験ではなくキーワードを記事ネタにする

検索需要のあるキーワードを設定する

人は情報を知りたい時に、いくつかのキーワードを打ち込んで検索します。

この記事で言えば、

「ブログ 読まれない」

がキーワードです。

キーワードの組み合わせは下記のように、1語〜4語くらいまで無限に存在します。

例えば、このような感じです。

「ブログ」
「ブログ 読まれない」
「ブログ 広告 収入」
「ブログ 開設 おすすめ 無料」

そして、それぞれキーワードごとに「月間検索ボリューム」が異なります。

上の例で言えば、月間検索ボリュームは次のようになります。

「ブログ」・・・10万~100万
「ブログ 読まれない」・・・100~1000
「ブログ 広告 収入」・・・1000~1万
「ブログ 開設 おすすめ 無料」・・・0~10

「ブログ」は月間10万回~100万回も検索されています。その一方で、「ブログ 開設 おすすめ 無料」は月間0回~10回しか検索されていません。

10万から100万というと、かなりアバウトな数字ですが、要はとてもよく検索されている、ということです。

最初のうちは、自分のブログに合うジャンルで、検索ボリューム10~100か100~1000のキーワードがおすすめです。

需要があるキーワードで記事を書き、検索結果の上位に表示されれば、ブログは読まれるようになります。

今まで、次のうちどれか1つにでも当てはまる書き方をしていたのであれば、キーワードを設定し直した方が良いでしょう。

  1. そもそもキーワードを設定して書いていない
  2. 需要のないキーワード(0~10)で書いている
  3. 需要がありすぎるキーワードで書いている(検索ボリューム1万以上、初心者であれば1000以上)

需要がなければ検索されませんし、需要がありすぎれば、今度は強力なライバルがたくさんに検索上位を独占されます。

キーワードをまったく無視した記事、あるいは検索ボリュームが0の記事があるならば、場合によってはブログから削除した方が良い場合もあります。

キーワードから記事を書き始めるコツについては、下記の記事で開設していますので参考にしてください。

記事は構成が9割! 現役webライターが4ステップで解説

ツールで需要のあるキーワードを調べる

キーワードと検索ボリュームを調べるには、ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))キーワードプランナーという2つの無料ツールがおすすめです。

ラッコキーワードでキーワード候補を調べて、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べるという流れです。
これを使えば、無限に記事ネタが生まれます。

私はいつも、ラッコキーワードで出てきたキーワードの一覧をExcelにまとめ、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる、という作業をしています。

100~300くらい調べて、良さそうなキーワードが見つかったら随時追加。

検索ボリュームが0~10のキーワードがあれば、「ああ、このキーワード書きたかったなあ・・・」と思いながらも削除しています。

かなり時間がかかりますが、キーワード選定は土台のようなものです。
これをやるかどうかで、ブログ全体の質が変わってきます。

個人の方であれば、自分の経験で書きやすい分野のキーワードを片っ端から探してみましょう。
企業ブログであれば、自社が扱う商品周辺のキーワードを探します。

自分の強みが生かせる分野から記事を書いていった方が、PVも伸びやすいです。

経験ではなくキーワードを記事ネタにする

私も良くやっていましたが、ブログ初心者はキーワードではなく、経験から記事を書き始めることが多いです。

けれども、この順番を逆にするだけで、一気に読まれる可能性が広がります。

人がなぜ検索するのかというと、「自分の悩みを解決したいから」です。

つまり、キーワードから記事を書くということは、「自分が書きたい事ではなく、人が知りたがっていることを書く」ということです。

「キーワードから書くのに慣れていない」という方もいるかもしれません。
しかし、歯を食いしばって自分の経験を脇に置き、キーワードをもとに記事を書いていくと、むしろ経験がここぞという時にすさまじいパワーを発揮します。

記事を書く際に経験はとても大事なのですが、順番を逆にしましょう。

  • 経験 → キーワード
  • キーワード → 経験

まずは、需要のあるキーワードを調べる。
その上で、自身の経験やリサーチした知識を記事に盛り込んで、その悩みを解決する。

という流れを確立しましょう。

1-2.タイトルがクリックされない

キーワードがきちんと設定されていても読まれない場合は、「タイトルがクリックされない」のが原因かもしれません。

タイトルがクリックされない原因は、下記の2つに分解することができます。

  • タイトルにキーワードが入っていない
  • 魅力的なタイトルになっていない

タイトルにキーワードが入っていない

「今日の日記」というようなタイトルをつけているブログをよく見かけます。
このようなタイトルの記事のキーワードは「今日 日記」となります。

「今日 日記」と検索する人って、ほとんどいませんよね(ちなみに、調べてみたら検索ボリュームも0でした)。
これではブログの内容がどんなに良くても、クリックされません。

キーワードとタイトルは一致させましょう。
中にいちご大福が入っているのなら、パッケージに「いちご大福」と書く必要があるのと同じです。

この記事のキーワードは

「ブログ 読まれない」

です。

そのため、タイトルにも

「あなたのブログ記事が読まれない3つの原因【文章力関係なし】」

とキーワードを入れています。

このように、記事の中身がわかるようなタイトルを設定しましょう。

魅力的なタイトルになっていない

自分が書いた記事は、他の人が書いた記事と共に一覧表示されます。
検索した人は、その中から一番魅力的なタイトルの記事を選んでクリックします。

そのため、他と比べてクリックしたくなる魅力的なタイトルにしなければなりません。

魅力的なタイトルをつけるには「具体性」が重要です。
さらに、記事を読んだ後の結果がイメージできるタイトルであれば、なお良いでしょう。

例えば、

1.「寝る前のちょっとの時間でできる!時短ダイエット」
2.「寝る前の5分でできる!時短ダイエット」

1と2では、2の方が魅力的ですね。
なぜなら、具体的な数字が入っており、自分がそのダイエットをやっている姿をイメージしやすいからです。

その他にも、

1.「セブンのコンビニスイーツを厳選して紹介!」
2.「セブンの胃もたれしないコンビニスイーツを5つ厳選して紹介!」

2には「胃もたれしない」「5つ」という具体性が入っており、かつ「胃もたれしない」という言葉によって、胃もたれしたくない人にとってメリットのあるタイトルになっています。

タイトルにはこのほかにも様々なテクニックがありますが、次のようなポイントを意識するだけでも、かなりタイトルの質が上がります。

  • 30文字以内にする
  • キーワードをなるべく前に寄せる
  • 数字を入れる
    例1:「毎日ダイエットを続ける5つのメリット」
    例2:「おすすめの〇〇4選!」
  • 疑問形にする
    例1:「2歳から英語を学んだ方が良い3つの理由とは?」
    例2:「不動産詐欺とは? 見抜くための5つのポイント」
  • 簡単さを強調する
    例:「おすすめの投資信託4選【10分で読めます】」
  • 読んだ後の結果をイメージさせる
    例1:「ブログのPVを10倍に増やすコツ」
    例2:「【2020年】秋冬コーデを着こなしてモテ術を極める」

気をつけたいのは、タイトルでインパクトを出そうと思うがあまり、記事内容とタイトルがかけ離れてしまうことです。
私はyahooニュースでよくそのような経験をしたので、今となってはyahooニュースはほとんど読んでいません。

くれぐれも、誇大表現のタイトルは避けましょう。

読まれない理由2:ブログ設計に原因がある

キーワードも設定している。タイトルも魅力的なはずだ。でも読まれない。

その場合、記事単体ではなく、ブログ設計を見直す必要があります。

E-A-Tを意識していないブログは読まれない

E-A-Tとは、Googleが定める「品質の良いコンテンツ」の評価基準となる3つの言葉の頭文字を取った略語です。

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

参考記事:Googleの品質評価ガイドライン2014年版

記事のE-A-Tを高めていくことは、SEOにおいて必須とされています。
Googleに評価され、上位表示されるためには、「専門性」「権威性」「信頼性」の3つが重要とされています。

このうち、専門性は記事1つ1つで高めていく必要がありますが、権威性と信頼性については、ブログ全体で高めていく必要があります。

そのため、専門性についてはいったん後回し。
まずは権威性と信頼性について見ていくことにしましょう。

権威性を高める方法

権威性が高いブログとは、「このブログが言うんだから間違いない」という信頼を寄せられているサイトのことです。
「〇〇といえばあのサイト」と人々の頭に思い浮かぶほど、発信する情報に信頼が置かれている状態が理想です。

権威性は年月をかけて、良いコンテンツを発信し続けることで高めていくしかありません。

しかし、次のようにブログを設計すると、権威性が向上しやすくなります。

記事を増やす
記事数が少なければ、信頼も置けない。まずはしっかりと記事を増やすこと。

記事のカテゴリーを3~5個ほどに絞る
カテゴリーを絞ることで、特定のジャンルに関する記事が多くなり、権威性が高まる。

信頼性を高める方法

信頼性とは、ずばり「誰が言っているか」ということです。
今の時代は、「どんな情報か」より、「誰が言っているか」が重視される傾向があります。

信頼性を高めるには、次の2つの方法が有効です。

・自分の信頼性を高める
プロフィールや企業情報を充実させる。あるいは、記事の冒頭で自己紹介する。
この記事においても、「ちなみに、この記事を書いているのはこんな人です。」と自己紹介から始めている。
自己開示することで、信頼性が高まる。

信頼性の高いサイトから引用する
既に高い信頼性があるサイトの一文を引用する。信頼性のあるサイトに情報の正確さを担保してもらうことで、自分のブログの信頼性が高まる。

参考記事:【2019年SEO】Googleが重要視しているEATとは?

読まれない理由3:文章の内容に原因がある

ブログ設計においてもそこそこ頑張っているのであれば、いよいよ文章そのものを見直す段階になります。

文章が読まれない理由は、次の3つに分解することができます。

  • ぱっと見で読みにくい
  • 検索意図とずれている
  • 内容が不足している

3-1.ぱっと見で読みにくい

webライティングにおいて、読みやすさはとても重要なポイントです。
ぱっと見で読みにくい文章だと、内容が良くても頭に入ってきません。

書店で買った本であれば、お金を払った分注意を払って読みます。
しかし、ブログは「無料の記事」であるため、ユーザーはちょっとしたことですぐに興味を失い、別のページへと移ってしまいます。

読みやすさのことを「可読性」とも言いますが、この可読性がとにかく大事です。
ユーザーは読むのに負担がかかる文章を嫌います。

次のような点を意識するだけで、ブログは劇的に読みやすくなります。

  • 見出しを活用する
  • 一文を70文字~80文字以内に抑える
  • 一文一義(1つの文に1つの意味)を意識する
  • 句読点(。)のたびに改行する
  • 行と行の間にスペースを入れる(2行に1回くらい)
  • 箇条書きや表を使う
  • 一定の間隔で画像を挿入する
  • 文章を適度に装飾する(太字・マーキング・大文字など)
  • 正しい日本語を意識する
  • 主語と述語を意識する

文章の装飾や改行ルールなどは、ブロガーの個性にもなるため、自分に合った個性を見つけてください。
読みやすさのための工夫を「ルール化」してしまえば、書く時に悩むことがなくなります。

ちなみに、読みやすい文章について学びたい方におすすめなのが「沈黙のWebライティング」という本です。

タイトルの通り、webライティングについての本であり、「読みやすい文章とはどういうことか」をわかりやすく、かつ具体的に教えてくれます。

また特筆すべきなのが、ライトノベル調の物語形式になっていること。
しかし、本質的な内容を伝えるためには、どのような形式を取るのが最適か? を考え抜かれて書かれている良著です。

CPIのサイトから無料で読むこともできますので、興味のある方は読んでみてください。

ただし、ライトノベル調の作風に苦手意識のある方には読みにくいかもしれません。

3-2.検索意図とずれている

「タイトルが気になってクリックしてみたら、全然違う内容でがっかりした」という経験はありませんか?

検索キーワードには、「ユーザーの悩み」が凝縮されています。
「ユーザーの悩みはなんだろう?」と考え抜いた上で記事を書かなければ、記事内容がユーザーの検索意図とずれてしまい、悩みを解決できません。

似たキーワードでも検索意図が異なる

「ブログ 読まれない」
「ブログ 読みにくい」

上に挙げた2つのキーワードは、とても似通ったキーワードですが、検索意図は異なります。

「ブログ 読まれない」というキーワードの裏には、

「ブログのPVが伸びない。そもそも読まれていない。なぜだろう?」
という悩みがあります。

一方、「ブログ 読みにくい」は、

「PVはあるけれど、滞在時間が少ない。どうやら、ブログが読みにくくて記事の冒頭で脱落しているようだ。改善方法を知りたい!」

といった悩みが背景にありそうです。

つまり、

「ブログ 読まれない」
・・・そもそもPVがない人
「ブログ 読みにくい」・・・PVがあるけれど滞在時間が短い人

という検索意図の違いが浮かび上がってきます。

この記事のキーワードは「ブログ 読まれない」なので、「PVが来ない原因を解決する方法」に重点を置いて解説しています。

このように、キーワード1つ1つの裏に潜むユーザーの悩みを知れば、検索意図を満足させる記記事を書くことができます。

ユーザーの検索意図を知る方法

キーワードを決めたら、そのキーワードで検索10位までに出てくる記事の内容を読んでみましょう。
検索上位にいる記事は、googleから「ユーザーの悩み解決に貢献している」と評価されたコンテンツです。

「誰の、どんな悩みを解決するために、この記事は書かれたのか」を意識しながら読んでみると、キーワードを検索したユーザー像が浮かび上がってきます。

ただし、上位の記事と同じようなことばかり書いていては意味がありません。
これはあくまで、ユーザー像を捉えるための作業であることを覚えておきましょう。

3-3.内容が不足している

読まれるブログになるためには、記事の内容を充実させる必要があります。
検索意図を正しく捉えていても、記事の内容が浅かったり、広がりがなければ、ユーザーを満足させることはできません。

そこで、求められているのが「記事の専門性」です。

第2章で解説したE-A-Tを覚えているでしょうか?

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

「権威性と信頼性はブログ全体で高めていく必要がある」と解説しました。

ここでは、「専門性」を見てみたいと思います。

専門性のある記事とは

読まれる記事になるには、「専門性」が必要です

専門性の高い記事が集まることで、ブログ全体の専門性も高まります。

専門性とは:
特定の領域に関する高度な知識と経験のこと。それは権威を意味する側面と、職務遂行に必要とされる職能を意味する側面とがある。

参考記事:はてなキーワード

ユーザーの悩みを深く、また多角的に捉えて解決する記事は、高く評価されます。

記事の専門性を高める方法

「専門性を高める」というと難しいイメージですが、具体的には次の2つの方法が挙げられます。

  • 悩みを深く、広くカバーする(タテヨコ展開)
  • 自分の経験に基づいて書く
悩みを深く、広くカバーする(タテヨコ展開)

悩みを深掘りし、かつ多角的に捉えて解決方法を示すためにおすすめの方法を紹介します。
それは、ユーザーになりきって、「縦と横」の2つの方向を意識して悩みを広げてみることです。

私はこれを「タテヨコ展開」と呼んでいます。

「縦」は「それってつまりどういうこと?」という深掘りの問い。

1つのトピックについて、「より詳しく掘り下げて解説してほしい」という問いです。

しかし、「それってつまりどういうこと?」という疑問が解決されると、今度は「じゃあ、これに関してはどうなの?」という問いが生まれます。

これは、悩みが次のトピックに展開している状態です。

縦に深掘りし、横に展開することで、悩みを深く、広く捉えられます。

この記事を例に見てみましょう。

この記事では、ブログが読まれない理由を解説するだけでなく、対策方法も述べています。
これは「タテ」、つまり悩みの深掘りです。

読まれない理由を列挙するだけの記事だと、ユーザーの「じゃあ結局どうしたらいいの?」という疑問が解決されないままで終わってしまいます。
そのため、疑問を深掘りして、対策方法まで入れています。

縦の深掘りに加えて、この記事ではブログが読まれない理由を3つ取り上げています。
これは「ヨコ」、つまり悩みの横展開です。

  1. 文章を読む以前に原因がある
  2. ブログ設計に原因がある
  3. 文章の内容に原因がある

仮に第1章だけだと、「文章を読む以前の問題は分かった。じゃあ、次はどうしたらいいの?」と、新たに生まれてくるユーザーの問いに答えられません。

第2章が終わった時点でも、まだ終わることはできません。
「ブログ設計は分かった。じゃあ、結局どう記事を書けばいいの?」という新たな問いが出てくるでしょう。

そこで、実際にどう書けば「読まれるブログに」なるかを解説するための第3章の出番というわけです。

ここまでの流れを図にすると、こうなります。

このように、悩みを「タテヨコ展開」するのはかなりおすすめで、私はいつもこれでキーワードを深掘りしています。

自分の経験は、積極的に記事に取り込みましょう。
調べて書いたことより、実際にあったことの方が何倍も説得力があります。

「ブログを運営すれば、月10万稼ぐのも夢ではありません!」
と書かれているブログより、

「私はブログを運営して3年目で月10万を達成しました!」
と経験が書かれているブログの方がはるかに説得力がありますし、力強いですよね。

同じように、この記事では、なんども「この記事を書く時には・・・」という経験談を書いています。
経験を書くことで、記事にオリジナリティが加わります。

記事がありきたりな内容になってしまうと、ユーザーに「他の記事を読んでも同じ内容だったな」という失望感を与えてしまいます。

そうすると、ブログに人が集まらなくなるのです。

もちろん、主観的な主張になったり、記事と関係ないのに強引に経験談を挿入するのは逆効果ですので、気をつけてください。

まとめ

最後に、おさらいをします。

【ブログが読まれない3つの原因と対策】

  • 文章を読む以前に原因がある場合
    対策1:検索需要のあるキーワードを選ぶ
    対策2:キーワードを入れた魅力的なタイトルをつける
  • ブログ設計に原因がある場合
    対策1:E-A-Tを意識したブログ設計を行う
    対策2:カテゴリを絞る&記事数を増やして権威性を高める
    対策3:運営者情報を公開して信頼性を高める
  • 文章の内容に原因がある場合
    対策1:ぱっと見でも読みやすい文章を心がける
    対策2:検索意図に沿った記事を書く
    対策3:ユーザーの悩みを縦と横に深掘りする
    対策4:自分の経験を書く

ブログ記事が読まれない場合は、上記を意識して改善してみてください。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロのwebライター/ブロガー。

在宅ワークしながら、妻と共に1人娘の子育て(もうすぐ2人目の娘が生まれる予定)。

「100記事で10,000PV」ともいわれるブログ運営において、「40記事で13,000PV」という結果を出した経験あり。

独自商品を持つメーカー系小規模企業のECサイト展開に夢を見る。

メーカー系中小企業やセレクトショップのwebサイト構築・直販サイト構築・web集客(SEO)・記事作成・アドバイスなどをさせてもらっています。

プロフィールの詳細
ライティングご依頼
その他のお問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる