ホームページ集客におけるマーケティングとは?

えんがわWorksでは、マーケティングの視点からクライアント様に最適な集客プランを提案しています。

「マーケティング」という言葉はなんだか高尚で、良く分からない言葉ですね。

しかし、商品を売りたいのであれば、マーケティングの考え方は必要不可欠です。
「マーケティング」という言葉は知らなくても良いですが、その考え方は知っておく必要があります。

この記事では、えんがわWorksが定義する
「ホームページ集客におけるマーケティング」
についてまとめました。

目次

えんがわWorksにおけるマーケティングの定義

インターネットで集客するためには、マーケティングが必要不可欠です。

マーケティングの定義とは?

ということで、一般的に出回っているマーケティング定義のうち、2つを下記に挙げてみました。

マーケティング(英: marketing)とは、企業や非営利組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動」の全てを表す概念である。

ウィキペディア

顧客満足を軸に『売れる仕組み』を考える活動

グロービスのMBA経営辞典

どうも、わかりにくいですね。

次のサイトでは、マーケティングを分かりやすくまとめており、これは私自身の定義ともぴったりと一致したので紹介したいと思います。

「誰に対して」「どのような価値を」「どのように提供するのか」

「マーケティングの定義とは? 日米のマーケティングの違いや戦略を分かりやすく解説」

①「誰に対して」
②「どのような価値を」
③「どのように提供するのか」?

この問いに答える活動こそが、マーケティング活動だということです。

1つずつ、順番にご説明します。

①誰に対して?

マーケティングにおいて最も大切なことは、「誰に対してサービスを提供しているのか?」です。

たとえば、同じ「英会話教室」というサービスであっても、誰に提供するかで内容が全く変わってきます。

「英語の試験に合格したい」
「海外の友達と楽しく会話がしたい」
「今度就職する会社で使えるビジネス英語を知りたい」

上で紹介した例はすべて「英語を勉強したい」という点では同じですが、その目的は全く異なります。

また、「英語の試験」と一口にいっても、それがTOEICなのか、TOEFLなのか、英検なのかで勉強方法も全く変わってきます。

このように、同じサービスであっても「誰に対して提供するのか?」を正確に把握しなければ、ユーザーを満足させることはできません。

ユーザーはなにかしらの課題を解決するために、あなたの商品を自分の生活に取り入れます。

そこでユーザーの課題が解決され、生活の質が上がれば、ユーザーはあなたの商品を使い続けるでしょう。

しかし、もしそこまでの満足度が得られないのであれば、よりよく自分の課題を解決してくれる商品に出会った時に、そちらに乗り換えてしまうでしょう。

えんがわWorksの例

もう一つ、私事ではありますが、えんがわWorksの例を取って見てみましょう。

えんがわWorksでは「ホームページ制作」というサービスを提供させていただいております。

しかし、一口にホームページ制作といっても、やはりユーザーによって求められるものが全く異なります。

「とりあえず名刺代わりに簡単なホームページがあればよい」
「情報を頻繁に更新する場所として、ホームページが欲しい」
「ホームページでアクセスを集めてお客さんを増やしたい」

これらはすべて「ホームページを制作したい」という要望ですが、具体的にクライアント様が抱えている課題によってコストやデザインが大きく変わってきます。

「自分の商品を売りたい!」が先行して、いつの間にかユーザーのリアルなニーズが見えなくなってしまっている・・・ということがないでしょうか?

「誰に対して商品を作っているのか」という問いは、ビジネスにおいて何よりも大切な柱といえるでしょう。

②どのような価値を?

ユーザーを知ろうとすると、次に「どのような価値を提供すればよいのか?」がはっきりしてきます。

ユーザーは何を求めてあなたの商品を買うのでしょうか?

似た商品が複数ある場合、その中からユーザーがあえてあなたの商品を選ぶ理由を説明できるでしょうか?

ユーザーが求めている価値を正確に知ることで、初めて「良い商品」を生み出すことができます。

美容院の例

例えば、あなたが美容室を運営しているとしましょう。

平成30年度の調べによると、美容室は全国にコンビニの約4.5倍である25万1,140施設もあるそうです。

この膨大な美容室の中から、ユーザーがあえてあなたが経営している美容室を選ぶ理由とは何でしょうか?

腕が良いから? 家から近いから? 値段が安いから? そこでしか受けられないサービスがあるから? 安心できるから?

美容室とひとくちにいっても、求められる価値が同一とは限りません。

ユーザーが求めている価値を知ろう

ユーザーのニーズに合わせて、ホームページのデザインや運用方法も変化します。

自分の商品は、どこの誰にとって価値があるのでしょうか?

ユーザーの課題を軸にして戦略を立てることは、ビジネスの基本中の基本です。

ユーザーへの理解を深めよう

ここまで見てきたように、「誰に対して?」「どんな価値を?」という問いは、マーケティングの基礎です。

これを一言で言い換えるならば、「ユーザーへの理解を深めること」といえます。

この問いに向き合うことなしに、次の項目である「どのように提供するのか?」ばかりを考えても、うまくはいかないでしょう。

③どのように提供するのか?

ユーザー理解を深める「誰に対して?」「どんな価値を?」という問いに向き合って、ようやく「どのように提供するのか」を検討する段階に入ります。

ユーザーに自分の商品を届けるための具体的かつ最適な方法を考えましょう。

商品を届けるための方法は「集客」とも言い換えることができます。

Googleマップの店舗情報を充実させる。
SNSでユーザーと直接コミュニケーションする。
メルマガや公式LINEで何度もリピートしてもらう。

対面での集客、インターネットを活用した集客。

集客方法には様々なものがあり、当然ながら多様な方法を用いることで、集客の幅は広がります。

しかし、時間は有限です。

特に地方の企業であれば、実際的に割ける時間や人員は限られており、すべての集客方法を網羅できないという現実があるでしょう。

そのため、数ある集客方法の中から、事業に最適ないくつかの方法を厳選し、徹底的に注力していくことをおすすめします。

これを可能にするためには、まずは「誰に対して」「どのような価値を」という問いに向き合い、ユーザー像を調査し、正確に把握すること。

そして、そのユーザーに商品を届ける最良の方法を選択することです。

中でも、インターネットを活用した集客方法は効率が良いため、ぜひとも取り入れることをおすすめします。

効率的に商品を提供するためにインターネットを活用しよう

商品を届ける方法は多種多様であり、インターネット集客はそれらの方法の1つにしか過ぎません。

しかしながら、ホームページを始めとしたインターネット集客は現代のユーザーの購買行動にマッチしているため、今すぐにでも取り組むべき手法だといえます。

インターネット集客の具体的な手法として、次の3つが挙げられます。

①検索集客
GoogleやYahoo!、Googleマップ等で、ホームページが検索されるようにする。
SEOやMEOと呼ばれる。

②SNS集客
ツイッターやフェイスブック、インスタグラムを通じてユーザーと交流を持ち、商品に興味を持ってもらう。

③メルマガ・公式LINEなど
既に商品を使ってくださっているお客様に対して、再度商品を買ってもらうために情報を告知する。

これらの手法に関しては、下記の記事で詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

以上、えんがわWorksにおける「マーケティングの定義」について解説しました。

えんがわWorksでは、マーケティングを下記の3つの要素に定義します。

①「誰に対して」
②「どのような価値を」
③「どのように提供するのか」

この3つの質問への答えは、事業によって全く異なります。
そして、自分たちの想像から正解は出てきません。

これまでのお客様に調査したり、データを分析することで、より正確にあなたの事業を求めているユーザー像を把握できるようになります。

えんがわWorksではデータ分析、ユーザーへの聞き込みなどを中心として、あなたの事業のマーケティングをサポートさせていただきます。

場合によっては、

「ホームページを作る前にチラシを作りましょう」
「フェイスブックページで対応しましょう!」

など、ホームページ制作以外の方法も提案するかもしれません。

私自身の売上は減っても、クライアント様にとって最善の方法でなければ意味がないからです。

ご相談からであれば、無料で承っておりますので、お電話やメールなど、ぜひお気軽にお問い合わせください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロのwebライター/ブロガー。

在宅ワークしながら、妻と共に1人娘の子育て(もうすぐ2人目の娘が生まれる予定)。

「100記事で10,000PV」ともいわれるブログ運営において、「40記事で13,000PV」という結果を出した経験あり。

独自商品を持つメーカー系小規模企業のECサイト展開に夢を見る。

メーカー系中小企業やセレクトショップのwebサイト構築・直販サイト構築・web集客(SEO)・記事作成・アドバイスなどをさせてもらっています。

プロフィールの詳細
ライティングご依頼
その他のお問い合わせ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる